POSTS

うつ病の診察

うつ病の診察は心療内科や精神科などで行われています。どちらでもうつ病に対する正しい理解の元判断することが出来るため必ずこれらの医療科にかかることが重要とされています。

もっと詳しく

うつ病の治療期間

うつ病の治療は長期的な治療が必要になり、最短でも数ヶ月を要すると言われています。勿論うつ病の症状の度合いによりこの期間は容易に伸びることが予想されます。抗鬱薬を用いるのが一般的です。

もっと詳しく

うつ病のケア

うつ病になったとしても技術の進化によって治療することは出来るようになってきています。しかしながら心のケアまではまだまだ十分ではない所もあります。これからは心のケアまでがセットになるでしょう。

もっと詳しく

うつ病のチェック

うつ病にかかっていると思ったならまずはセルフチェックが大事です。インターネット上では様々なうつ病のチェックが出来るようになっています。そのため比較的簡単にチェックすることが出来ます。

もっと詳しく

うつ病と知識

うつ病かなと思ったときはまずは豆知識を知っておくといいでしょう。それは発症するときの要因として社会的な要因と心理的な要因の2つがあるということです。どちらかがバランスを崩してもうつ病になります。

もっと詳しく

うつ病の理解

予想以上に苦しいうつ

うつ病はなってみないと分からない病気でもあります。まだまだ理解されていない部分もありますから、うつ病で仕事を休職したら周りから噂をされて甘えていると感じてしまう方もいるでしょう。そしてうつ病になりやすい人の特徴としては周りの人の言動を気にしてしまうひとに多い傾向があります。うつ病はなってみないとわからないほど苦しい病気でもあります。心もとない噂をされることもあるかもしれませんが、まともに効くのは損をしますから、まずは何を言われたとしても治療に専念するようにしてください。精神病に関しては一度なってしまうと再発してしまう可能性も高まりますからじっくりと治療に専念することが大切にもなってくるのです。

うつ病は治療が鍵となる

しっかりと治療をすることがうつ病にとっては大切になるでしょう。治療と言っても人によっては治療方法が異なります。うつ病の初期の段階ですと、カウンセリングなどで症状が緩和されることがあるのですが、症状が重くなればなるほど治療は大がかりになってくることもあります。そしてうつ病だけではなくて他の精神病も合併して発症してしまうこともありますから注意が必要かもしれません。しっかりと主治医の指示に従うことがまず大切になります。病院に通っていたのにも関わらず面倒になってしまって通わなくなったという方もいるのですが、それは絶対にNGでしょう。 しっかりと治療することで症状を和らげることができ再発も防止させることが出来るのです。

うつ病の治療で知らなかったこと

自分の身内がうつ病になったことで初めて分かることは多くあり、その中に通院している医療機関の治療方法に納得ができず病院を変えたいという場合があります。このようなケースが発生した場合はその時通院している医療機関の紹介状が必要です。うつ病の症状を改善するために処方されている薬は継続する必要があり、紹介状がないまま勝手に病院を変えても、薬を服用していることが分かると診察をしてくれません。このことから、病院を変えたいという希望を叶えるためには、勇気を出して主治医に伝えることが大切ということが分かります。本人から言い出せない場合は家族からでもしっかり伝えてもらい、通院を希望する病院への紹介状を書いてもらうようにしましょう。

医師の判断と患者の判断

うつ病の治療を行なう場合、症状と薬の相性が良いと早めに改善することができます。それだけうつ病に対する薬の効能が上がっていることがわかります。逆に合わない場合は中々改善する見込みがないというケースもあるので、主治医の素早い見極めが症状緩和の鍵になります。患者の立場からは薬を変えて欲しいとは言えないかもしれませんが、長く改善の見込みがない状態が続くようでしたら、意見をすることも大切です。医師が正しい判断を行なうことが、うつ病治療においてもっとも重要なことなのです。他の病院での治療も受けてみたいと考え始めたのであれば、早めに判断を行なうことが大切です。個人に最適な治療を行なうことによって、より早く症状を改善することができるようになります。