うつ病のケア

心のケアはどこまで進歩するか

現代における難病の一つとされるものがうつ病です。その病は精神からくるもので、仕事、プライベートの両端からくるストレスが蓄積することで発症されます。心からくる病ですので、治療も精神を安定させるために薬を投与するか、心のケアを行いストレスやその原因を取り除いていくことが今の治療の限界に思われます。 ただ、今後の技術の進化によっては、人間の心の深層を読み取ることが出来れば、今後のうつ病の治療に大きな進歩の可能性を秘めていると思います。それには、コンピュータの技術の発展、あとは脳科学の発展が不可欠になっています。ただ、最近の両方の発展の度合いが急激な為、近い将来うつ病の治療の方法として大きなニュースが舞い込んでくるかもしれません。

うつ病の治療に必要な事

うつ病には自覚症状がないときがあります。心からくる病ですが、身体にも影響を及ぼすこともあります。そこで初めて、病院に行ってお医者さんに相談することになることもあります。その治療について必要なことは、家族の協力と本人の意識だと思います。うつ病は難病の一つです。決して軽いものではありません。特効薬は今のところ存在しないのです。ですから、まずは一番身近な家族のかたが、親身に寄り添って長くともサポートしていかないと乗り越えられません。本人も意欲を削がれてしまいがちですが、周りの励ましによって負担が軽くなりますので、話をしてコミュニケーションを大事にしていくことが、うつ病の治療の第一歩だと思っています。