うつ病の診察

診察費用は他の疾病と同程度が一般的ですが、病状次第でもあるため事前確認が適当です。

 うつ病は、従来の生活環境や社会活動の状況変化が大きく変わり、新しい環境に順応できずに精神的なストレスが積算されていくことで起こる精神疾患ともいわれています。  具体的には、学生が社会人になって会社勤務になったり、勤務先において人事異動で労働条件が変わったりして、過重労働や精神的なストレスがたまるようになったものの、その状況に順応することができずに疲労やストレスが慢性化して発病します。  おもな病状としては、抑うつ状態となる、やる気がでない、消極的な行動や思考になる、理由もなく不安感や焦燥感に襲われる、などのような特長があります。  うつ病の治療には心療内科が適切とされています。  診療費用は、他の疾病と同じ程度なのが普通ですが、病状によって変わりますので通院の際は、事前に確認しておくことをおすすめします。

うつ病の治療には、従来の精神科の他にも心療内科での受診も検討するのが適切です。

 うつ病は、精神的な不調に加えて、身体的な不調が併発する場合が多々あります。  具体的には、頭痛がつづく、食欲不振、睡眠不足や不眠、疲労感がとれない、といった特長があります。  うつ病は従来、精神科の受診、治療が一般的でした。  ところが前述したように身体的な不調も併発するために、内科を受診する場合もありました。  しかしながら、不調の原因が精神的なストレスにある場合が多く、内科で精密検査を受けても結果は正常である事が多く、本来うけるべき治療にまで至っていませんでした。  このような状況を改善するために、精神面と身体面を両面から総合的に診察、治療を行うことを目的として新設されたのが心療内科です。  比較的歴史の浅いために名称の浸透度は低めで、認知もあまり正しくされていないのが実情です。  ところが、ここ数年でうつ病を発症する患者が急増するとともに、心療内科の認知度も向上してきました。  いまでは、うつ病の診療、治療などは精神科から心療内科へと移行してきています。  両科ともにそれぞれ特長がありますので、診察を受ける際には事前に相談をしてから受診するのも一案です。

まず取り組みべきこと

うつ病の治療を行う上で、大切な事は治療方法をしっかりと知ることです。 「投薬による治療」と「しっかりとした休養」の二つは、絶対に欠かすことができません。 うつ病の治療では、投薬を続けることとあわせて、休養を十分取ることが大切となりますが、 うつ病を発症する患者さんには、まじめで責任感の強い方が多く、休むことに抵抗がある場合が多いのです。 ご家族や医師から、しっかりとした説明をして「休むこと」の意味を理解して こころを休めることに取り組んでいくことを大切にしていきましょう。 投薬に関して、精神薬のイメージや依存などで、抵抗感や不安を覚えることも有ると思います。 うつ病は心だけではなく、からだの異常としての側面もあります。 他の病気と同じように薬での治療も必要なのです。

取組やトレンドについて

うつ病の治療で大切なことは、まず知ることです。 それには、自分自身だけではなく、 家族など身近な人と協力できる環境を作ることが大切になります。 現在では、治療に関して本人が積極的に参加する方法 アドヒアランスという概念が、世界的に取り入れられています。 治療法や投薬について、自身の意思や家族との相談で決めることができることで 積極的に進めることができます。 ただし、途中で投薬をやめるなどの、 治療の最後まで取り組むことができなくなることも多く見受けられます。 家族のサポートと長期的な取組が必要となります。 日々の状況に一喜一憂することなく、医師と力を合わせて 症状に対して注意を払いながら、完治まで治療を続けましょう。