うつ病の治療期間

治療とはどのようなもの

うつ病にかかってしまうと、治るまでに早くても数ヶ月かかると言われています。長いと数年かかる場合もあります。個人差がありますが、時間をかけて治していくのが良いでしょう。うつ病の治療には、抗うつ薬が一般的です。脳内の神経伝達がうまく伝わらない状態なので、回復させる役割が抗うつ薬です。うつ病にかかると判断したり物事を考えたりする力が弱っています。患者さんのなかには体の痛みを伴うこともあります。うつ病の治療には、一人ひとりの症状が違いますので、薬の種類や量も違ってきます。治療には個人差があり、一人ひとりに合わせたバランスをとりながらの治療があります。専門医や薬剤師と相談しながら、時間をかけながらゆっくりうつ病の治療をすることが大切です。

一人ひとりに合わせた方法

うつ病治療には抗うつ薬が一般的ですが、副作用の心配もあります。抗うつ薬だけを頼っては、完治がむずかしいと言われています。なにより休養が一番大切です。心身ともに休んで、無理して体を使うことや考えることはやらないほうが良いでしょう。抗うつ薬の服用ではなく、サプリメントを使用したうつ病の治療もあります。個人差がありますので自己判断はしないで、専門医と相談しながら、サプリメントの使用を考えましょう。サプリメントなら副作用の心配は低減されます。脳内の神経伝達がうまく伝わるようになることが重要なので、一人ひとりに合わせたサプリメントの治療方法もありますので、抗うつ薬の副作用が心配な患者さんは、専門医と相談すると良いでしょう。